防大かわら版VOL.129

2021年04月15日

防大かわら版ロゴ

?掲示內容一覧
 ?前期學生隊學生長としての決意?抱負
 ?前期大隊學生長としての決意?抱負【各大隊學生長】
 ?サンドハースト準備訓練に參加して


前期學生隊學生長としての決意?抱負

久保學生
 今、防衛大學校は大変革の時期にある。新型コロナウィルスの影響で世間でも新たな生活様式や働き方改革が進められ、ニューノーマル時代への対応に迫られている。防衛大學校でも同様に生活様式が一変し、前年度は各種競技會や、開校祭、一斉喫食等の防大の伝統行事が実施できずに終わってしまい、今年度は如何に限られた狀況下で防大生としての鍛錬の場を設けていくか課題となっている。部屋編成においても今年度から前期は新たな編成となった。學生間指導においても呼び出し指導から機會指導、部屋內指導に主軸が移ることとなった。さらに9年間勤められた國分學校長が交代され、新たに久保學校長が就任された。我々防大生はこの大変革に好むと好まざるとにかかわらず対応に迫られている。そこで、前期の勤務方針を「見直し」とする。防大生としての自主自律と綱領の追求という根本は全く変わらないが、防衛大學校の長く素晴らしい伝統の中で、何を変え、何を守るべきかを問い続け、常に伝統を改善する努力を続けなければならない。これにより、通年目標である「誇り」つまり防大プライドを醸成するための基盤の形成を前期で実施していく。この學生隊學生長という大任に全力を盡くして勤務することをここに誓い、抱負とする。

観閲式にて

前期第1大隊學生長としての決意?抱負

川島學生
 防大4學年としてこの最後の1年間、私が意識していることは以下のことである。後輩に「どれだけ何かを殘せるか。」、これである。4學年は、自分たちが防大にいる間に4年間の知識、経験を生かしてより良い學生舎をつくりあげなければならないということが多くの學生がもっている一種の共通認識であると言えるだろう。確かにそれも重要である。しかし私はそれよりも更に重要であると考えることがある。それは我々66期がいなくなった後のここ防衛大學校に何を殘すことが出來るのかということである。しかし何を殘すか、その中身については私が防大生である內はそこまで詳細にならないように思われる。この中身を知ることができるのは今の後輩たちが3學年、4學年となった時、つまりは彼らが成長するのと同時期になるであろう。今日の我々の努力は我々が見えないところでこそ成果となるべきなのである。この中身をより色濃いものにしていくために、現在與えられた大隊學生長という役割を使命感と誇りをもって全うし、未來の防大生が輝かしい防衛大學校を築くことの一助となれるように、今まで以上に率先して同期と団結していきながら、この前期1大隊の長として學生を先導することに勵んでいくこととする。

1大隊本部

2學年夏季定期訓練

前期第2大隊學生長としての決意?抱負

安田學生
 今年度の第2大隊の年間方針を「志向」とした。これは2大隊の全學生が団結して、1つの目標に向かっていくことを表したものである。この年間方針を実現するために、前期の方針を「試行」、中期を「思考」、後期を「至高」とした。
 前期の特性として、大隊としても個人としても「試行錯誤」を重ねることが求められる。1學年は防大生としての基礎的能力を身に付け、2學年はカッター競技會において同期との団結を高め、1學年に対する指導能力の向上を図る。3學年は下級生に対する間接指導と4學年、同期生に対して洗練されたフォロワーシップの発揮が期待される。4學年は長期勤務學生、週番、部屋長等を通して監督能力、より高度なリーダーシップの発揮等が求められる。
 このように學年が上がり、それぞれが今までとは違う役割を擔うこととなる。各學生が與えられた役割を最初から完璧にできるわけではない。様々な壁にぶつかり、悩む時期である。そのような時、多様な方法を繰り返し試み、失敗を糧にして、それぞれの役割を果たすことができるように成長することが前期の目標である。
 第2大隊學生長として私は、この前期の目標達成のために全力を盡くしていく所存である。學生隊學生長、そして各中隊學生長とも連攜を密にし、中期?後期の大隊學生長に良いバトンを渡していける前期にしていく。

第2大隊本部會議中


前期第3大隊學生長としての決意?抱負

大谷學生
 私が3大隊と聞いてまず想起されるのは、「お祭り3大隊」の伝統である。日頃の生活においては、厳正な規律のもとに學生個々人が自ら目標を持ち、その目標の実現に日々努力を重ねる自主自律の気風の下で、學生のあるべき姿の體現に努めている。また競技會においては、學年の垣根を越えて學生同士が固く団結し、他のどの大隊よりも士気旺盛であり、看板を勝ち取るために一致団結して、數々の競技會で勝利してきた。これが「お祭り3大隊」の伝統であり、3大隊のあるべき姿である。<BR> 近年、3大隊は思うように競技會で勝つことができず、士気も低下し、活気も失い、「お祭り3大隊」と呼ばれていた頃の面影が過去の栄光となってしまっている。この現狀を打開するため、3大隊の前?中?後期の大隊學生長3人は、年間を通じての方針を「3大隊ブランドの醸成」とした。1學年は他大隊へ去る際、古巣である3大隊に誇りをもって欲しい。殘りの防大生活を3大隊で過ごす2.3.4學年は、この先の自衛官人生を3大隊出身として胸を張って言えるプライドを持ってほしい。そのために、3大隊の名前をまた誇れるものとする。それが3大隊ブランドであり、我々3人はそれを醸成し、今年度に確立させるものと定めた。私は、その方針に基づき、前期大隊方針及び勤務方針を「逆境に燃えよ」とした。現狀は、これから3大隊ブランドを確立して黃金期を迎える夜明け前の暗さであり、まさに逆境と言える狀況である。この逆境に立ち向かうため、心を燃やし、何事にも全力をもって當たるのが、前期において我々が為すべきことである。私は、前年度後期大隊學生長からの3大隊への想いを受け継ぎ、「お祭り3大隊」の伝統を継承し、ブランドを確立し、さらなる発展を目指す。そのために前期大隊學生長として全力を盡くす所存である。立ち上がれ、心を燃やせ、3大隊。今がその時である。

前期第4大隊學生長としての決意?抱負

安藤學生
 本年度前期第4大隊學生長を務めるにあたり、新體制への期待とその素地を形成するという責任を強く実感している。
 前年度は學生間指導における要領の大きな変更、また新型コロナウイルス感染癥(COVID-19)の影響下での學生隊の運営、それに伴う學生舎生活の見直しと各種競技會の中止や実施要領の変更など、まさに激動の一年であった。65期の諸先輩方はこのような環境に適応する新たな施策を見出し、実行をしてきた。我々66期は4學年を補佐する3學年という立場で、つまり最も近いところでそれを目の當たりにした。新型コロナウイルス感染癥(COVID-19)拡大の影響は非常に大きく不幸な出來事であることに変わりはないが、一方で平時では経験することのできない多くのことを學んだ。我々66期は諸先輩方から學んだ経験と新たに築かれた文化を継承し、さらなる進化?発展をさせていく所存である。
 學生服務の面では、中隊及び大隊への帰屬意識の醸成、ゆくゆくは學生隊への帰屬意識へと繋げ自主自律の気風を作っていかなければならない。新しく入校した1學年にもこの気風を養ってもらうべく、適切な學生間指導の在り方を追求し物事の本質を捉えた大隊運営を行っていきたい。

サンドハースト準備訓練に參加して(競技會は中止)

殿塚學生
 令和2年11月、第7期サンドハースト準備訓練隊の選考が行われた。今年は、二次選考の段階で米國派遣に行くことができない旨が伝えられたが、それでも50人近くの學生が選考を受け、23名の學生が最後まで殘った。米國派遣がないため、今年の訓練はあくまでこれまで訓練隊が培ってきた経験を継承することが目的である。訓練は厳しく、3か月と長い中、選ばれた23人は最後まで全力で取り組んだ。
 サンドハースト競技會においては、厳しい狀況下においていかにリーダーシップ、フォロワーシップを発揮できるかが順位を上げるための鍵となる。分隊員は各人が自身の長所、短所を把握し、いかにチームのために貢獻できるか、これを考え続ける。分隊長は競技會の間、任務を基礎として継続的かつ的確に狀況判斷を行い、決心して分隊員に命令する。時には任務達成のため、分隊員に無理を言わなければならない時もある。また、自分が決心した事には全責任を負う。私は今年度、7期の分隊長を務めたが、このことがサンドハースト訓練において最も苦しかったことである。しかし相手は世界。妥協は勿論、體格差等を言い訳に任務を放棄することは許されない。皆、そのような心構えで訓練に取り組んだ。
 今年は米國で行われる競技會に參加することはできなかったが、世界7位をとった5期、そして6期の経験は継承することができたと思う。今後は8期が再び米國派遣に行けることを願い、訓練を積み重ね、これまでの成果を継承、発展させていく所存である。7期の皆、最後までついてきてくれてありがとう。

防大かわら版

久久免费视频,女人高潮抽搐潮喷视频,女性高爱潮有声视频A片