防大かわら版VOL.127

2021年03月11日

防大かわら版ロゴ

?掲示內容一覧
 ?防大4年間の想い出、今後の抱負【各大隊】


防大4年間の想い出、今後の抱負

桑內 學生

卒業間近となった今、約4年前の4月5日の入校式の日を思い出す。あの日は校內の桜が満開で、まるで防衛大學校が私の入校を迎え入れてくれたかのようだった。寂しさ、期待、覚悟、様々な感情が私を取り巻いていたが、入校式後はそのようなことを考えている暇もなかった。皆が右も左も分からないような狀態で、周りと協力し、助け合いながら日々を過ごしていく中で1日1日自分が成長していくことが実感できた。そうして気が付けばこうして4學年になっていた。
 この數百文字に防大4年間を綴ることは到底難しいため、校友會活動のアメリカンフットボールとサンドハースト訓練を焦點に所感を述べたいと思う。
 アメリカンフットボールは相手チームのビデオを何度も何度も見返し、分析し、それに対抗するパターンを何種類も考え試合に挑む。まるで戦術のようでこの學校にぴったりのスポーツだと幾度となく感じた。
 サンドハーストでは日本代表メンバーに選抜されたものの、新型コロナウイルス感染癥拡大の影響を受け競技會が中止されため參加が葉わなかったが、本競技會に向けた練成訓練では、我々訓練學生のために指導部の方々が技術面や精神的な要素まで熱心に指導してくださり、社會人として、防大生として、自衛隊員として大きく成長することができたことに本當に感謝している。
 卒業後は、國防を擔う幹部自衛官として全力で職務を全うしていきたいと思う。

石丸 學生

入校當初、現學校長である國分學校長から、初代學校長である槇學校長が殘した「真の紳士にして、真の武人たれ」という言葉の紹介を受けた。非常にインパクトのある言葉で字面として理解することはできたが、どうにもしっくりこないままその意味を探し続ける4年間であった。 防大における3本柱である教育訓練、學生舎生活、校友會活動から多くのことを學んだ。教育訓練においては、自分の専攻である情報工學に加えて、幅広い教養の分野や防衛學を學ぶことで、科學的でありかつ多角的な視野を得ることができた。また、海上要員として必要な知識を身につけるため、定期訓練では文字通り日夜を忘れて訓練に勵んだ。學生舎生活においては、學生長付、學生長及び競技會の責任者の経験から、リーダーシップやフォロワーシップについて學んだ。そして、校友會活動においては、少林寺拳法部に所屬した。4學年時は主將を務め、部を取りまとめた。厳しい校友會で體が動かなくなるほどきつい修行の日々だったが、今までの人生においてこれほど何かに真剣に取り組んだことはなく、ここで得られた経験や共に勵んだ同期は私にとって一生の寶である。卒業と同時に海曹長に任命され、海上自衛官としてのキャリアが始まる。まずは、防大4年間で學んだことを活かして、我が國の平和と獨立とさらなる発展に寄與するべく、己の職務に邁進していく所存である。最後に、「真の紳士にして真の武人たれ」とは、他人を思いやれる紳士であり、どこにおいても闘える人それが武人である。刻一刻と変容していく國際社會、常識を理解し、それに適応し、そこで闘える人間でなければならないということである。私もそのような武人になれる様に卒業後も常に努力し続けていきたい。

和田 學生

卒業を目前に控え、防衛大學校で過ごした4年間や入校の動機を思い返すことが多くなった。振り返ると、これまでの人生と違った生活に身を投じることになった1學年時の生活が、現在の自己形成に大いに影響を與えている。
 具體的には、常時上級生からの指導を受けることが求められる環境で生活し、対処する優先順位付けや同期との協力が習慣化されたことである。その結果、問題に対して常に思考することの重要さや、同期?仲間との協力の大切さを學ぶことが出來た。これら1學年時に得たものは、その後の2學年、3學年、そして、現在の4學年においても大いに役立つ場面が多く、教務や訓練においても同様であった。
 だが、常に思考することも、同期との協力も、それをより効果的にするためには、不斷の努力が不可欠である。「継続して考えること」を続けなければ、そもそも精緻な思考は出來るようにはならず、「毎日ちゃんと頑張っている」と周りが認識しなければ、協力を得ることは出來ない。努力不足による失敗も多々あったが、そのおかげで「次は、間違えないようにしよう」と思うきっかけになった。
 以上のような、人生において今後も役に立つ事柄を経験し、學び、実踐させてくれる環境を提供してくれた防衛大學校には感謝に堪えない。
 最後に、この4年間で學んだ多くの経験や知識を活かし、自身の可能性を伸ばしていけるように幹部候補生學校でも精進していく所存である。

小林 學生

防衛大學校での生活も終わりが近づいている。この4年間は毎日が學びの連続であり、非常に充実した期間であった。
 防衛大學校の生活は、勉學?訓練、學生舎生活、校友會活動の3本柱を基本として構成されている。これらをはじめとした、ここでしか出來ない數多くの経験が私を成長させてくれた。また、先輩?同期?後輩の存在が私の人生に非常に大きな影響を與えてくれた。物事がうまくいかず、つらいことや大変なことも多くあった。そのようなときに私を救ってくれたのは、しっかりと面倒を見てくれた先輩方、そしていつも支えてくれた同期の存在であった。自分の學年が上がっていくにつれて、後輩達を教育する責任感も増していき、學ぶことも多くなっていった。
 防衛大學校での生活を通して學んだことは、人は1人では生きていけないということである。自分が生活していく中で、困難な狀況に立ち向かう時には必ず誰かの助けがあり、その助けがあってこそ、人はその狀況を乗り越え、成長できるのだということを身に染みて感じることができた。防衛大學校で作りあげた人脈はかけがえのないものである。これから國家防衛という厳しい任務につく中で、國民の負託にこたえるべく、強い使命感を胸に職務に邁進していく所存である。

防大かわら版

久久免费视频,女人高潮抽搐潮喷视频,女性高爱潮有声视频A片