防衛大臣記者會見

日時
令和3年3月30日(火)08:37~08:45
場所
國會議事堂本館內閣議室前
備考
岸防衛大臣閣議後會見

1 発表事項

 新型コロナウイルス関係ですけど、前回の定例會見から、22名の隊員が感染をしました。合計で1,169名となります。防衛省シンポジウムの動畫配信について。本日から「令和2年度防衛省シンポジウム」を防衛省公式YouTubeチャンネルにて配信をいたします。防衛省シンポジウムは、例年、會場を借り上げ対面形式で実施をしていましたが、今年は新型コロナウイルス感染癥の感染拡大の狀況を考慮して、事前に収録したものを動畫配信するものです。今回は、「自由で開かれたインド太平洋」ビジョンを踏まえた防衛省の取組みをテーマに、私から冒頭挨拶を申し上げ、防政局長による基調講演の後に、有権者の方々にパネルディスカッションを行っていただきました。防衛省?自衛隊の取組みは、國民の皆様の理解があって初めて成り立つものであります。本シンポジウムを御視聴いただいて、わが國の防衛政策に対する御理解と御関心を深めていただければと思います。

2 質疑応答

Q:今日の日インドネシア「2+2」の意気込みについてお願いいたします。

A:日本とインドネシア、共に海洋國家であります。自由や民主主義、法の支配といった基本的価値を共有する戦略的なパートナーでもあります。「2+2」については、昨年10月の菅総理によるインドネシア訪問の際に、日インドネシア両國首脳間で本會合の早期開催について一致をしていたものであります。両國の防衛協力については、28日に行いました防衛相會談においても、その重要性を認識しており、今回の「2+2」において共同訓練や防衛裝備協力の推進等、更なる防衛協力の促進に向けた成果を目指してまいりたいと思います。いずれにしても、防衛省として昨今の厳しい情勢を踏まえて、基本的価値を共有する両國が幅広く議論を行うことが大きな戦略的意義を持つと考えております。今日の「2+2」において充実した議論を行うことを楽しみにしております。

Q:安倍前首相がですね、27日の新潟市內の講演で、憲法に自衛隊を明記する旨を改めて訴えました。中國海警法等、日本を取り巻く安全保障環境が非常に厳しい狀況ですけれども、大臣個人として安倍氏の発言の受け止め、また憲法明記の必要性、どのようにお考えか教えて下さい。

A:これは前総理が個人的な発言、一議員としての発言というふうに了解しております。政府としてのコメントをする立場にはございません。その上で、憲法改正については、國會において発議をし、そして國民投票によって決められる。具體的な改正の內容等については、國會の議論、それから國民の間での議論を深めていってなされるものと、こういうふうに理解をしております。

Q:厚労省の官僚が大人數で會食をやっていたという事実が一部明らかになっているのですけれども、これを受けて御感想とですね、省內の引き締め等、考えているものがあればお願いします。

A:他省のことについてコメントをすることは差し控えます。今、緊急事態は解除されたもののですね、コロナの感染狀況は引き続き、注視しなければいけない狀況だと思います。ですから、省內においても引き続き、個人個人で自らを律して、感染拡大の防止に努めていただきたいと思います。

Q:先ほど、安倍前首相の発言の話がありましたけれども、別に今度、自民黨の岸田議員も敵基地攻撃能力の保有について前向きな発言をされたということがあります。大臣として、敵基地攻撃能力の保有についてどのようにお考えか、今後どのような議論が必要かお考えありますでしょうか。

A:いわゆる敵基地攻撃能力については、黨內でも各議員の間でも様々な議論が行われていると承知をしております。我々としても、皆さんのそうした意見については伺いながら、省內でも様々な検討を行ってまいりたいと思います。

Q:岸田前政調會長の発言なんですが、宏池會のリーダーでもあり、自民黨の前の政策決定の責任者である岸田さんがですね、敵基地ミサイル阻止と敵基地攻撃能力の保持について必要だと強く踏み込まれたことを、今後の議論への影響等どのように受け止めておられますか。

A:岸田前政調會長、色々、この安全保障についても詳しい方と考えております。それぞれの議員の皆さんの個人的な考え方、御発言、様々あります。そうしたことに一つ一つコメントすることは差し控えさせていただきたいというふうに思いますが、そうした議論については、注意深く見守っていきたいと考えております。

Q:宏池會のリーダーから出たということに関してはどうですか。新たな動きかなと思うのですが。

A:それぞれの派閥がございますし、もちろん私には私の関係もございます。これは、まちまちだというふうに思います。

Q:北朝鮮のミサイルについてお伺いします。その後、分析狀況で何か新しい、分かったことあるかどうかと、発射後の北朝鮮、あるいはアメリカ始め國際社會の動きをどのようにご覧になっていますでしょうか。

A:25日に発射したミサイル、これまで防衛省が公表してきたこと以上の內容は今のところございませんが、引き続き、分析に努めてまいりたいと思います。國際社會は色々御意見もあります。そうしたことについてはですね、関心を持って、我々としても注視していきたいというふうに思っています。

以上

久久免费视频,女人高潮抽搐潮喷视频,女性高爱潮有声视频A片