防衛大臣臨時記者會見

日時
令和3年3月25日(木)09:44~09:52
場所
防衛省A棟1階エントランス
備考
北朝鮮による弾道ミサイル発射事案後の岸防衛大臣臨時會見

1 発表事項

 本日、北朝鮮は本日7時4分頃及び7時23分頃、北朝鮮の東岸から合計2発の弾道ミサイルを東方向に発射した模様です。従來から北朝鮮が保有しているスカッドの軌道よりも低い高度、すなわち100km未満をいずれも約450km飛翔したものと推定されます。なお、落下したのはわが國の排他的経済水域の外と推定をされております。また、防衛省から政府內及び関係機関に対して、速やかに情報共有を行いました。現在までのところ、航空機や船舶からの被害狀況、被害報告等の情報は確認されておりません。総理には、本件について直ちに報告を行い、情報収集?分析に全力を挙げ、國民に対して迅速、的確な情報提供を行うこと、航空機、船舶等の安全確認を徹底すること、不測の事態に備え萬全の態勢をとることの3點について指示がありました。これを受けて私から、引き続き、情報収集、警戒監視に萬全を期せとの指示を出しました。その後、関係幹部會議を開催する等、対応に萬全を期しておるところです。北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、國連安保理決議違反でありまして、極めて遺憾です。こうした行為は、わが國と地域の平和と安全を脅かすもので、これまでの弾道ミサイル等の度重なる発射も含め、わが國を含む國際社會全體にとっての深刻な課題です。また、弾道ミサイルの発射は、航空機や船舶の安全確保の観點からも極めて問題のある危険な行為であります。政府として直ちに北京の大使館ルートを通じ、北朝鮮に対して厳重に抗議を行い、強く非難しました。また、本日8時2分頃から、國家安全保障會議、四大臣會合が開催されました。引き続き、米國、韓國をはじめ、國際社會と緊密に連攜しながら、必要な情報の収集?分析及び警戒監視に全力を挙げ、國民の安全?安心の確保に萬全を期してまいります。

2 質疑応答


Q:今回の発射の意図については、現在どのように分析されていますでしょうか。

A:北朝鮮の意図について、斷定的にお答えすることは差し控えさせていただきたいと思います。

Q:今後の見立てについてはいかがでしょうか。

A:これもですね、斷定的にコメントすることは差し控えさせていただきたいと思います。

Q:當初の発表だと、弾道ミサイルの可能性ということだったと思うのですけれども、これは弾道ミサイルだということで確定したということかということと、これは短距離弾道ミサイルという理解でよろしいでしょうか。

A:先ほども申しましたけれども、今回の発射された2発の弾道ミサイルはですね、これは従來北朝鮮が保有しているスカッドの軌道よりも低い高度をいずれも約450km飛翔したと推定をされているものであります。現在、更なる情報収集?分析を行っているところです。

Q:細かいですが、それぞれのミサイルの高度と距離を教えていただけますか。

A:現在、我々が発表しているものは、いずれも約450km飛翔したものと、こういうふうに推定しているところでありまして、更に分析を重ねておるところです。

Q:これは新型の弾道ミサイルではないということで、従來型ということでしょうか。

A:先ほども申しましたけれども、今情報収集を引き続き行っております。

Q:発射場所については、朝鮮半島の東側という発表がありましたが、海なのか陸なのか、その辺りいかがでしょうか。

A:東岸ということです。

Q:それは、東の岸の海上ということではなくて、陸上という理解でよろしいでしょうか。

A:東岸です。

Q:発射の方法については、何か把握されていますでしょうか。

A:そういったことも含めて、情報収集?分析を重ねておるところです。

Q:韓國軍は、北朝鮮の発射場所について、北朝鮮の咸鏡南道というふうに発表されているのですが、防衛省としての分析はいかがでしょうか。

A:他國からの分析の狀況について、我々からコメントすることは差し控えさせていただきたいというふうに思います。

Q:それから、ロフテッド軌道みたいなものではないという理解でよろしいでしょうか。

A:低い軌道、低い高度ということから、ロフテッドという扱いではないと判斷しております。

Q:米國がバイデン政権に代わって、対北朝鮮政策がまだ定まっていない狀況の中での発射ということなんですけれども、この時期の発射についてはどのように御覧になっていますか。

A:北朝鮮側のこの発射の意図については、先ほどからも申しましたけれども、斷定的にお答えすることは差し控えさせていただきたいと思います。いずれにいたしましても、バイデン政権に代わった後ですけれども、日米間では緊密に情報、連絡を取ってまいりたいと考えております。

Q:今回、ミサイル発射から1時間後にNSCを開く等、政府で対応したと思いますが、今回の政府の対応についてどのように総括されているか、お願いします。

A:ミサイル発射の確認が取れてから、速やかに私のところにも連絡が入り、総理からの指示も出されました。私からも防衛省內で大臣指示を出したところです。その上で、NSCが8時2分から開かれましたけれども、迅速かつ的確な行動ではなかったかというふうに思います。

Q:來週に、日米韓の安保責任者の會談がワシントンで予定されており、4月には菅総理の訪米もあります。今後の日米韓、日米の連攜について、今回の発射を受けてどのように強めていくお考えでしょうか。

A:いずれにいたしましても、政府としては、米國、韓國をはじめ國際社會と緊密に連攜を取りながら、必要な情報の収集?分析及び警戒監視に全力を挙げてまいりたいと。そして、國民の安全?安心の確保に萬全を期してまいりたいと考えております。

Q:変則軌道かどうかについてはまだ分析中ですか。

A:先ほども申しましたけれども、ロフテッドでないことは高度から確認をできておりますけれども、情報をさらに収集?分析を重ねてまいりたいと考えております。

以上

久久免费视频,女人高潮抽搐潮喷视频,女性高爱潮有声视频A片