防衛大臣臨時記者會見

日時
令和3年2月14日(日)08:30~08:33
場所
防衛省A棟1階エントランス
備考
「福島県沖を震源とする最大震度6強の地震に係る関係幹部會議」後の岸防衛大臣臨時會見

1 発表事項

 昨日23時8分頃に発生いたしました福島県沖を震源とする最大震度6強の地震について、23時15分に私から、早急に被害狀況を把握できるよう、関係府省庁及び自治體と緊密に連攜し、情報収集に努めること、被害が発生した場合に備え、萬全な準備態勢を確立すること、今後の狀況の推移に的確に対応し、災害対応に萬全を期すことを內容とする指示をいたしました。陸海空の各自衛隊は航空機約20機により、地震直後から上空からの被害情報の収集や映像伝送を実施するとともに、第20普通科連隊、第22即応機動連隊及び第44普通科連隊の初動対応部隊により地上からも被害情報の収集を実施しており、また、5県55市町村に連絡員を派遣しておりますが、これまでのところ大きな被害の発生は認められておりません。現時點において災害派遣要請は受けておりませんが、引き続き関係省庁や自治體と連攜しつつ、萬全な準備態勢を確立するとともに、災害派遣を要請された場合には、速やかに対応してまいります。

2 質疑応答

Q:先ほど関係幹部會議を開かれたと思いますが、そこで行われた確認事項や指示、あらためてよろしくお願いします。

A:先ほど8時から私以下、省內の主要幹部を集めて「福島県沖を震源とする最大震度6強の地震に係る関係幹部會議」を開催しました。この會議では、統幕長から自衛隊の活動狀況、それから被害情報に係る説明を受けるとともに、航空機等による被害情報の収集を継続し、災害派遣が要請された場合には、陸海空の各自衛隊部隊により速やかに対応していくことを確認しました。

Q:被害の確認狀況と、それから自主派遣みたいな形での自衛隊の活動を検討しているところはありますでしょうか。

A:被害の情報自體は先ほども申しましたけれども、これまでのところは大きな被害の発生について認められていないということでございます。引き続き、情報収集活動についてはしっかり進めてまいりたいと思います。

Q:今のところ要請がないということですが、給水支援とか道路啓開について、何か要望みたいなものは、自治體の方で対応できるという話があったのでしょうか。

A:各自治體それぞれ対応されていると思います。直接的に、自衛隊の方に具體的に要請を受けたという狀況ではありません。

以上

久久免费视频,女人高潮抽搐潮喷视频,女性高爱潮有声视频A片