「第89回 安全保障?防衛に関するオタワ會議」岸防衛大臣スピーチ(聞き取りのまま)

2021年3月13日
防衛省
英語版/English

冒頭

 皆様、こんにちは。初めまして、日本國防衛大臣の岸信夫です。本日は、「安全保障?防衛に関するオタワ會議(Ottawa Conference on Security and Defence 2021)」にこうして防衛大臣として初めて參加させて頂き、大変光栄に思います。國防協會會議(Conference of Defence Associations)並びにCDA研究所(CDA Institute)の皆様をはじめ、こうした機會を與えてくださった皆様にまずもって心より感謝を申し上げたいと思います。

 今回のテーマは「様々な脅威から民主主義と主権を守る(Securing Democracy and Sovereignty against a Thousand Cuts)」であり、現在の安全保障環境をかんがみたとき、今日のこのテーマを取り上げることは、大変時宜を得たものと考えております。

 我が國とカナダは、この広大な太平洋の西と東に位置する國ですが、今日のテーマにもある民主主義を始めとする普遍的価値を共有する、インド太平洋地域の重要なパートナーです。本日、私(岸大臣)は、この「民主主義」や「主権」をめぐってこの地域の西側で起きている現実を、太平洋を挾んで東側の皆様に知っていただきたいと思います。その上で、防衛省?自衛隊の安全保障協力の方向性、そしてその中におけるカナダとの協力についてお話ししたいと思います。

「普遍的価値」と地域情勢

 本日のテーマに「民主主義」という言葉があります。「民主主義」は「自由」、「基本的人権の尊重」、「法の支配」といった普遍的価値の一つです。こうした普遍的価値やルールに基づく國際秩序を維持?擁護すること、これは、本日のもう一つのテーマである「主権」を守ることなどと並んで、我が國の重要な國益です。

 殘念なことに國際社會では、力による一方的な現狀変更の試みやテロ?暴力的過激主義の拡大などにより、我が國を含む世界の安定と繁栄を支えていた普遍的価値に基づく國際秩序が挑戦を受けているという現実があります。このような現実は、このインド太平洋地域でも見られます。

香港情勢

 こうした中、私は、まず、香港の友人たちに思いを致します。香港は、我が國にとって緊密な経済関係及び人的交流を有する極めて重要なパートナーであり、「一國二制度」の下に、自由で開かれた體制が維持され、民主的、安定的に発展していくことが重要であるというのが我が國の一貫した立場であります。
 
 一昨年(2019年)、香港では、犯罪者の中國本土などへの引渡しを可能とするための條例改正案などをめぐる大規模な抗議活動が発生しました。當局による事件活動家や有識者などに対する厳しい締め付けが続き、香港の人権狀況に対する國際社會の関心が高まっています。

 昨年(2020年)6月の國家安全維持法の制定、その後の多數の民主派議員や活動家の逮捕?起訴に続いて、3月11日、全人代による香港の選挙制度を変更する決定がなされたことについて、重大な懸念を強めています。
  
 特に、今回の決定は、香港の繁栄を支えてきた、香港基本法、及び「一國二制度」に対する信頼を更に損なわせ、香港における高度の自治を大きく後退させるものであり、我が國として看過できません。香港において関連の選挙が幅広い政治的意見を代表する候補者を含む公正な形で実施されることを求めます。

両岸関係

 こうした香港での狀況を目の當たりにしたとき、今度は、臺灣の友人たちのことを想起せずにはいられません。臺灣は、我が國にとって、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった普遍的価値を共有し、緊密な経済関係と人的往來を有する極めて重要なパートナーであり友人です。

 我が國を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、地域における軍事バランスは変化しています。例えば、近年、中國が軍事力の強化を急速に進める中、中臺の軍事バランスは全體として中國側に有利な方向に変化し、その差は年々拡大する傾向にあります。中國は、「外國勢力による中國統一への干渉や臺灣獨立を狙う動きに強く反対する」として、武力行使を放棄していないことをたびたび表明しています。

 両岸関係については、わが國としては、當事者間の直接の対話により平和的に解決されること、また、地域の安定に寄與することを期待しております。防衛省としては、地域の軍事バランス構造の転換とみられる動向についてもしっかり注視してまいります。

海洋における「法の支配」と南シナ海

 普遍的価値の一つには「法の支配」が含まれます。そして、この「法の支配」は海洋においても貫徹される必要があります。力ではなく、法とルールが支配する海洋秩序に支えられた「自由で開かれそして安定した海洋」は、國際社會の安定と繁栄の基礎です。しかしながら、海洋において、國際法や既存の國際秩序とは相いれない主張に基づいて自國の権利を一方的に主張し、行動する事例が見られるようになっています。公海における航行の自由や上空飛行の自由が不當に侵害されるような狀況が続いていることも看過できなくなっています。

 例えば、南シナ海においては、中國は、係爭のある地形の軍事化を継続するとともに、頻繁に軍事演習を実施し、中距離弾道ミサイルを発射したとみられるなど、行動をエスカレートさせています。昨年4月には、南シナ海において、ベトナム漁船が中國海警局の船舶と衝突し沈沒するという事案も発生しました。我が國としてはこうした狀況を深刻に懸念しています。

 我が國は、これまで一貫して南シナ海における法の支配の貫徹を支持するとともに、「航行及び上空飛行の自由」、そして「シーレーンの安全確保」を重視してきており、南シナ海をめぐる全ての當事者が國連海洋法條約(UNCLOS)を始めとする國際法に基づく紛爭の平和的解決に向け努力することの重要性を引き続き強調してまいります。

「主権」と地域情勢

 本日のもう一つのテーマは「主権」です。「我が國の平和と獨立を守る」。私は、昨年9月に防衛大臣を拝命し、この崇高な職務を託されました。約25萬人の自衛隊員の先頭に立ち、國民の平和な暮らし、そして、我が國の領土?領海?領空を斷固として守り抜く、この固い決意の下、日々その責務を全うしてまいりました。

 この「主権」をめぐり、我が國をはじめとする地域が直面していることをお伝えしたいと思います。

 東シナ海では、我が國固有の領土である尖閣諸島周辺海域において中國による力を背景とした現狀変更の試みが継続しています。昨年を振り返れば、尖閣諸島周辺海域において、中國海警局に所屬する船舶による過去最長となる57時間以上にわたる領海侵入、過去最長となる連続111日の接続水域內の航行が確認されました。また、昨年1年間の接続水域內の航行日數合計でも過去最多の333日に達しました。

 さらに、領海に侵入した中國海警局に所屬する船舶が日本漁船へ接近する動きを見せる事案が繰り返し発生する等、狀況はますます深刻化しています。こうした中國海警局に所屬する船舶による活動は、我が國の主権を侵害するものであり、斷じて受け入れられません。

 中國は、このように一方的な現狀変更の試みを執拗に継続する中、2月1日に海警法を施行しました。

 これまでも、海警は、保有船舶の大型化?重裝備化を図っています。また、中央軍事委員會の一元的な指揮を受ける武警への編入、海軍艦艇の移管、海軍出身者の主要ポストへの配置を通じ、組織、裝備、人事の各面において、軍と海警の連攜を強化しています。
 そうした中で今般制定された海警法は、これまでも様々な場で申し上げているとおり、あいまいな適用海域や武器使用権限等、國際法との整合性の観點から問題がある規定を含みます。この海警法により、我が國を含む関係國の正當な権益を損なうことがあってはならず、東シナ海や南シナ海などの海域において緊張を高めることになることは斷じて受け入れられません。南シナ海沿岸國であるフィリピンやベトナムも、海警法に対し、反対や懸念の聲を上げています。

 もちろん、安定した日中関係は、両國のみならず、地域、國際社會のためにも重要です。両國間には、様々な懸案が存在しますが、ハイレベルの機會も活用しつつ、主張すべきは主張し、具體的な行動を強く求めていきます。

 昨年12月、私は中國の魏鳳和(ぎ?ほうわ/WEI Fenghe)國務委員兼國防部長との會談に臨み、忌憚のない意見交換を行いました。かねてより、我々の率直な懸念をしっかり伝えるべく、中國との意思疎通を図っていくことも極めて重要と考えており、建設的な意思疎通を行うことについて、私は常にオープンです。

 その上で、私は、國民の命と平和な暮らし、そして、我が國の領土?領海?領空を斷固として守り抜くという強い決意の下、日本國の防衛大臣としての責務を果たすべく、引き続き、主張すべきは主張しつつ、冷靜かつ毅然と対処していく考えです。この海警法についても、地域の國々をはじめ、多くの人々が抱いている強い懸念や不安をしっかりと受け止め、この問題について國際的に聲をあげ、関係國とも連攜してまいります。

 以上、中國の動向などを含め、今、太平洋の西側で起きていることについて、私の強い問題意識とともに率直にご説明を致しました。

 これに加え、近年では、領土や主権、経済権益をめぐる、純然たる有事でも平時でもない、いわゆる「グレーゾーンの事態」が國家間の競爭の一環として長期にわたり継続する傾向にあり、今後、さらに増加?拡大していく可能性があります。こうした「グレーゾーンの事態」は、明確な兆候のないまま、より重大な事態へと急速に発展していくリスクをはらんでいます。こうしたリスクは、カナダをはじめ、「航行の自由」を含む普遍的価値を享受する國々が直面し得るものといっても過言ではありません。

 本日、この會議をご覧いただいている皆様には、まずは、この狀況を広くご理解いただくことを望みます。その上で、こうした安全保障環境の現実を踏まえた我々のアプローチである「自由で開かれたインド太平洋(FOIP: Free and Open Indo-Pacific)」について説明をさせて頂きます。

FOIPの推進

 これまでに直面したことのない安全保障環境の現実の下にあっても、私は、防衛大臣として、國民の命と平和な暮らしを守り抜き、そして、地域と國際社會の平和と安定に積極的に貢獻していくとの責務を果敢に全うしていく考えです。その際、我が國自身の防衛體制の構築を図るとともに、日米同盟を基軸としつつ、自由、民主主義、法の支配、人権といった普遍的価値や安全保障上の利益を共有する國々との安全保障協力を戦略的に推進し、こうした國々とより緊密に連攜していくことを目指してまいります。

 我が國が、この戦略的な安全保障協力を進めていく上で、基本となるビジョンが「自由で開かれたインド太平洋」です。

FOIPとは

 この「FOIP」というビジョンは、2016年8月、ケニアで開かれた「第6回アフリカ開発會議(TICAD Ⅵ)」において、當時の安倍総理によって提唱されたものです。我が國は、法の支配に基づく自由で開かれた秩序を実現することにより、地域全體、ひいては世界の平和と繁栄を確保していくという考えのもと、この「FOIP」というビジョンを推進しています。

 この「FOIP」というビジョンは包摂的なものであり、特定の國に対抗したり、排除したりするものではありません。この考えに賛同してもらえるのであれば、いずれの國とも協力していけるものと考えております。

防衛省?自衛隊の取組み

 防衛省?自衛隊においても、FOIPというビジョンの下、インド太平洋地域のパートナーであるカナダは當然のこと、同盟國である米國だけでなく、豪州、英國をはじめとする歐州、ニュージーランド、東南アジア、南アジアに加え、近年では、太平洋島嶼國や中東?アフリカといった地域の國々とも手を攜え、安全保障協力を戦略的に推進しています。

 本日の會議には、イギリスのウォレス大臣もご出席されたものと承知しています。先般、イギリスは、空母「クイーン?エリザベス」をはじめとする空母打撃群を、東アジアを含む地域に展開させる旨発表しました。私(岸大臣)は、この空母打撃群の地域への展開がFOIPに資するよう、ウォレス大臣と引き続き緊密に連攜したいと考えています。

 我が國の安全保障協力は、人と人の交流に加え、自衛隊の艦艇?航空機を活用した共同訓練や戦略的寄港、相手の心に寄り添う、日本ならではの人材育成や能力構築支援、信頼される高度な技術力に裏打ちされた防衛裝備?技術協力など、多様な形で展開されています。

 さらには、陸?海?空といった伝統的な領域だけでなく、宇宙?サイバーといった新たな領域、國際テロ、海賊や大量破壊兵器の拡散といったグローバルな課題、そして、最近では、新型コロナウイルス感染癥という新たな「脅威」を踏まえ、防衛當局間での感染癥対策協力へとスコープは広がりつつあります。

カナダへの期待

 こうした中、我が國としては、FOIPというビジョンを維持?強化するため、同じインド太平洋國家であり、普遍的価値を共有するカナダとの関係をさらに発展させていきたいと考えています。

 2019年の防衛協力に関する共同聲明やACSAの発効、北朝鮮籍船舶の「瀬取り」を含む違法な海上活動に対する警戒監視活動における協力、日加共同訓練「KAEDEX(カエデックス)」の継続等、カナダとの防衛協力は著々と進んでいます。インド太平洋地域での日本とカナダのプレゼンスを更に強化すべく、日本とカナダの防衛協力が深化していくことを期待しています。

結語

 本日は、貴重なお時間を頂きまして感謝しております。オタワ會議を経て、更に闊達な議論が行われ、各國が普遍的価値を守るためにより一層協力していくことを望みます。ありがとうございました。

(以上)

久久免费视频,女人高潮抽搐潮喷视频,女性高爱潮有声视频A片