生活(防災)に関する情報

いざというときに頼りになるのは

隊員は、災害が発生すると命令により、家庭は二の次で出動していきます。
日頃から、防災グッズの準備、避難場所や避難経路の確認ができていても、いざ災害が発生した場合、お互いに頼りになるのは近隣の方々です。
官舎やご近所の方々との日頃からのコミュニケーションが非常に大切です。ご近所と普段からのお付き合いは上手くいっていますか?

準備しておいた方が良いもの...

食器(水を使わない使い捨て紙容器又はラップ等の使用)、攜帯充電器、日用品、衣料品、常備薬、包帯、ビニールシート、バケツ、水タンク、ビニール袋、ろうそく又は発電器付ランプ、水、非常食、地図、小銭、免許証?預金通帳?健康保険証等のコピー、印鑑など。

持ち運べる程度にまとめることが必要です。救援物資が屆くまで數日かかる場合も考えておきましょう。季節によって衣料品も変える必要があるでしょう。最近では、保存期限の長い非常食やコンパクトな防災グッズも市販されています。 病気、妊娠中の方、お年寄りや身體の不自由な方は狀況に応じた準備が必要です。

災害が発生している場合、部隊や総監部等の擔當者から安否確認のご連絡を差し上げますが、ライフライン等の狀況によってはすくに連絡がとれない場合があります。
特に、ご家族が被災した場合や避難した場合は、部隊(艦艇乗組で出港中の場合は総監部厚生課)までご連絡をお願いします。

防災に関するサイト

久久免费视频,女人高潮抽搐潮喷视频,女性高爱潮有声视频A片