防衛大臣臨時記者會見

日時
令和3年1月30日(土)12:02~12:08
場所
防衛醫科大學校本部3階第1會議室
備考
防衛醫科大學校視察後の岸防衛大臣臨時會見

1 発表事項

 本日、防衛醫大を視察しました。今般の新型コロナウイルス感染癥への対応狀況を確認するとともに、同校病院において、新型コロナウイルス感染癥に対応する醫療従事者との懇談をいたしました。今回の視察では、患者さんの受け入れを行っている病院を訪問し、醫療現場における感染対策の狀況、新型コロナウイルス感染癥患者への対応に大変過酷な環境下で真摯に取り組む醫療従事者の姿を自ら目で確かめたところです。また、新型コロナウイルス感染癥患者の対応に盡力する醫療従事者と懇談し、醫療現場における意見や考えを聞き、改めて、一人一人が感染対策に取り組むことの重要性を認識したところでございます。防衛醫大病院は、醫師及び看護師の養成を行う場であるとともに、埼玉県の西部地域における基幹病院として、高度で安全な醫療を提供することを通じて、地域醫療への貢獻を果たすことも求められています。防衛醫大には、今般の新型コロナウイルス感染癥への対応で得られた知見や教訓を、學生や研修醫官にフィードバックさせ、醫學?看護學教育の向上を図るとともに、防衛醫大が有する人的資源等を一層活用し、自衛隊の衛生機能の強化及び地域醫療に積極的に貢獻することを期待しています。

2 質疑応答

Q:私たちも視察をいくつかの場面をご一緒させていただいて、現場の聲も橫にいて聞かせていただきましたけれども、懇談も含めてですね、どういった聲が特に大臣は印象に殘ったでしょうか。

A:やはり今、非常に第3派の中で、本當にこの新型コロナウイルスとの戦いに本當に厳しい中で対応していただいて、どうしてもコロナ患者の場合、他の感染癥とまた異なって、あるいは一般の入院患者とも違って、非常に対応する看護師さんの人數も増えてきます。コロナ病棟の中では、例えば普段やってないようなリネンの交換とか、トイレの掃除とか、そうしたことまで看護師さんが擔うとこういうことになってきています。そういう意味で非常に看護師さんに対する負荷が非常に高くなっています。そういったところに対して、しっかり人數を増やすということも必要ですけれども、それだけでは我慢しきれないところ、あるいはメンタル的なもの、そうしたところをしっかり全體で配慮していく必要があるということを感じました。その中で非常に看護師さんたちも高い意識を持って対応していただいていることに感謝を申し上げたいと思います。

Q:2月末には醫療従事者の先行接種が始まる予定ですけれども、大臣は22日の會見でですね、支援の必要性や可能性の検討を進めるとお話しされていましたが、現在の狀況と具體的な想定している活動があれば教えて下さい。

A:ワクチン接種への自衛隊の活動について、現時點ではまだ決まったものはございません。一方で、コロナワクチンにつきましては、醫療従事者それから高齢者を始めとする多くの方々に対して円滑に接種を進めていかなければならないということですから、防衛省としても自衛隊の能力を、あるいはこれまでの新型コロナウイルスに係る活動で得られた知見、経験をですね、活かせるような支援ができるか、可能か、引き続きしっかり検討していかなければいけないと考えております。

Q:いわゆる國難ともいえる狀況の中で、外國の例を見ると軍隊がワクチン接種に協力するような形もあります。國民の期待も結構大きいと思うのですが、2月末から接種始まるというような中で、いつぐらいまでに自衛隊として活動の方針を決めていくというか、スケジュール感というのはありますでしょうか。

A:スケジュール感については、全體の中で決まってくることだと思います。防衛省?自衛隊の方でも様々な狀況を精査しながら、また、それぞれの自治體からのニーズ、そういったものに対してしっかり検討していかなければいけないと考えております。それぞれの自治體というよりは、日本全體の中で決まってくることだと思いますので、厚労省を中心にしっかり打ち合わせをしていくということになると思います。

以上

久久免费视频,女人高潮抽搐潮喷视频,女性高爱潮有声视频A片