防衛大臣臨時記者會見

日時
令和2年6月21日(日)14:21~14:34
場所
秋田県庁正庁
備考
河野防衛大臣秋田県庁訪問(知事等との會談後臨時會見)

1 発表事項

なし。

2 質疑応答


Q:今回の會談でイージス?アショアの配備計畫が停止に至ったその理由について、県側の理解を得ることはできましたか。また、防衛省として今後、地元の理解をどのように求めていくお考えでしょうか。お聞かせください。

A:秋田の皆様には、このイージス?アショアの配備のお願いをしてから、色々と御迷惑をおかけし、また、本當に多くの皆様に御盡力をいただいたにも関わらず、この配備のプロセスを停止するという決定をせざる負えなくなりましたことを、心よりお詫びを申し上げたいと思います。防衛省としては、まず國家安全保障會議に報告をし、その議論を待った上で、また、地元とも御相談をして、しかるべく御説明をさせていただきたいというふうに思っております。こうして御説明とお詫びの機會を頂戴できましたことを御禮を申し上げたいと思います。

Q:今回のブースターの問題を計畫停止の理由にされましたけれども、そもそも新屋に関しては、知事?市長が1月に訪問されましたけれども、新屋演習場そのものについて住宅地から近いという點も含めて、地元からも反対の聲があって、なかなか地元の理解が進まないという狀況があったと思うんですけれども、そのブースターの問題じゃなくてもですね、新屋演習場という所に対しての配備計畫を進めるというのは、なかなか結局理解が難しかったのではないかと考えるのですが、その點は大臣いかがでしょうか。

A:今回、こうして配備のプロセスを停止をすることになりました。防衛省としては、再調査の上、ゼロベースで判斷をしたい、そう申し上げ、再調査が終盤に來ていたところでございましたが、こういう狀況になりましたので、我々として配備のプロセスを停止をさせていただくということになりました。色々、混亂を生じ、また、御迷惑をおかけしたことはお詫びを申し上げたいと思います。

Q:今回の経緯に関してですね、NSCに報告して今後の議論ということになると思うんですが、そもそも今回こういった経緯になったことについての、國內での検証や総括、あるいはその、こうした判斷がですね、直前になったことに対する擔當者に対する処分という言い方がいいのか分かりませんが、そういった責任の問題に関してはどのようにお考えでしょうか。

A:こういうことになった責任は、これは防衛大臣が負う、そういうことだと思います。2017年、北朝鮮のミサイルが日本の上空を飛び越えていく中で、いかに國土を守るか、そういう議論の中で、このイージス?アショアの配備の決定が下されました。ブースターの落下のコントロールが、ソフトウェアでできるかどうか、あるいは、ソフトウェアの改修が終わった時點で、配備のプロセスを始めるべきではなかったのか、そういう御意見もあろうかと思いますが、當時の狀況に鑑みて、ソフトウェアの改修が終わってから、配備のプロセスを始めるのでは、時間がかかり過ぎるという判斷であった、ソフトウェアの改修に関する様々な議論と配備のプロセスを並行して、やっていこうということになりました。その結果が、こういうことになりましたので、その判斷が甘かったのではないか、そう言われれば、そのとおりでございますと申し上げるしかございません。ただ、現在もこの弾道ミサイルの脅威が殘っているのは事実でございますので、防衛省として速やかに國家安全保障會議の議論の中で、しっかりと議論した上で、この弾道ミサイルから、どう國土を守っていくか、そういう議論をしっかりしてまいりたいと思います。

Q:防衛省が、これまで新屋演習場を最適地としてきたことに関して、大臣の評価はいかがですか。

A:防護範囲をみれば、この秋田県の一部、それと山口県の一部にイージス?アショアを配備して、弾道ミサイルから守るのが、もっとも効果的に日本の國土全域を守れるというのは、そのとおりでございます。ただ、その中にあって、やはり、住民の皆様、地元の皆様に、この安全性の件について、特にブースターの件については、新屋では海上に落下させる、むつみは演習場に確実に落下させる、そういう御説明をしてまいりましたが、ソフトウェアの改修だけでは、それが確実にできると言えないということになりました。ハードウェアの改修につきましては、先程申し上げたように、相當なコストと時間がかかる、そういうことになり、とても合理的と言えないという判斷をせざるを得ませんでしたので、今回のこういう判斷になりましたが、わが國をどう弾道ミサイルの脅威から守っていくかということについて、やはり國民の皆様の御理解をいただきながら、しっかり議論してまいりたいと思います。

Q:住宅地が近い新屋演習場を配備候補地とする判斷は適切だったと考えますか。

A:防護範囲の観點から山口県の一部、そして秋田県の一部にイージス?アショアを配備するというのが、最も効果的に日本の國土全域を守ることができる、そういう中で、最適な範囲の中からイージス?アショアの配備先を検討していこう、そういうことであったと理解をしております。

Q:御自身で、目視なり航空寫真なりで住宅地と新屋演習場の位置関係というのは確認されましたか。

A:確認してます。

Q:どのような感想を持たれましたか。

A:防護範囲の中でしっかりと國土を守るためにどこが良いか、そういう検討をしていたものと理解をしております。

Q:秋田、青森、山形で行った再調査の結果というのは。

A:ちょっと待ってください。1人ずつ、時間がないので。

Q:距離感についての大臣の評価をお聞かせください。

A:保安距離というものが、しっかり取れるかどうか、そこが一番大事だったというふうに理解をしておりますが、地元の皆様が様々不安に思われていた、そういうこともございます。もうこの配備のプロセスを止めましたから、あれでございますが、住宅地からの距離というのも重要な要素として、ゼロベースで考える時に考慮しなければならないというふうに考えておりました。

Q:現在、行っている再調査についてはどのように、再調査自身も止められるのでしょうか。

A:再調査については、7月の10日を期限というふうにしておりますので、そこは終えて報告をしていただきます。しかし、配備のプロセス自體を止めるということになったということでございます。

Q:これまで三役の方々は実際に演習場を見られてきました。大臣は今日これから見に行くとか、そういった御予定はありますか。

A:今日は殘念ながら時間がありません。

Q:大臣、今回の停止に関して、ブースターの問題によるとおっしゃってます。去年夏の參議院選挙でですね、新屋演習場配備に反対する野黨統一候補が勝利しました。自民現職が落ちました。この結果に関して、今回の判斷に影響を與えたのか、それとも全くなかったのでしょうか。

A:今回の配備プロセスの停止は、お約束をした演習場の中、あるいは海上に確実に落下させるためには、ソフトウェアの改修だけで確実に落下させると言えなくなったということが、はっきりしたので、その必要なコストと期間に鑑みて、配備のプロセスを停止する、そういうことにいたしました。

Q:今回配備計畫を停止したのは、ブースターの落下場所をコントロールできないことのみの理由ですか。住宅への距離というのは考慮されていないですか。

A:ブースターを確実に演習場內、あるいは海上、そうした場所に確実に落下させるためにハードウェアの改修が必要になってまいります。そこがはっきりし、おそらく、そのコスト、あるいは、それに要する時間、それを考えた時に、それはもう合理的とは言えない、そういう判斷からでございます。

Q:ブースターを確実にコントロールできないというのは、秋田でもむつみ演習場と同じようなことが見えて、海上に落とせないというような判斷でそうなったという理解でよろしいでしょうか。

A:秋田県につきましては、再調査の上、ゼロベースで配備先を考えるということを申し上げておりまして、まだ、そのプロセスまで至っておりませんでしたので、具體的にむつみのように調べたわけではありませんが、むつみでそういうことになったということは、當然に秋田でも同じことでございますので、それはお約束どおりのことができないということで、秋田のプロセスも停止せざるを得ない、そういう判斷をいたしました。

Q:今日、新屋住民の代表の佐々木さんが出席されていまして、大臣に要望されていましたけれども、受け止めを改めてお願いします。

A:地元の皆様には、これまでも様々御心配をおかけをし、また我々の方も不適切な対応で御迷惑をかけた、そこはしっかりお詫びを申し上げたいと思います。また、今日、日曜日にもかかわらずに、わざわざお出かけをいただきまして、説明とお詫びを聞いていただいたことに感謝を申し上げたいと思います。NSC、國家安全保障會議の議論の上で、その結論について、また然るべく対応をしてまいりたいと思います。

Q:すみません。ブースターのみが理由かどうかという問いに対して、お答えいただいていないと思いますけれども、その點はいかがですか。

A:先程、申し上げたとおりです。

Q:それのみだということでよろしいですか。

A:先程の話を聞いてください。

Q:のみでということでよろしいですね。

A:話を聞いてください。

以上

久久免费视频,女人高潮抽搐潮喷视频,女性高爱潮有声视频A片